形成外科の医師は開業しやすい?

形成外科医師TOP >> FAQ >> 形成外科の医師は開業しやすい?

形成外科の医師は開業しやすい?

総合病院や大学病院など様々な医療機関で形成外科の医師として勤務していると、自身が目標とする医療を実現するのに職場環境が適さないと感じることもあります。そのような場合には、自分が希望する職場環境の勤務先に転職するといった選択肢もありますが、それ以外に開業するといった選択肢もあるのです。実際に、形成外科クリニックや形成外科医院などを開業している形成外科の医師もいるので、開業することは可能なのです。

しかし、その際に形成外科の医師は開業しやすいのかといった疑問も生じてきます。それは、形成外科の勤務医として仕事をしていると、決してニーズが高い診療科ではないと感じるからで、形成外科単独で開業して経営が成り立つのか不安になります。また、高額な医療機器など設備投資も必要になってくるので、安定した病院経営ができるのか益々不安を感じてしまうことになるものです。単独では難しい経営であっても、形成外科の医師なら保険診療以外に自由診療が多い美容整形や美容形成・皮膚科といった診療科目を含めることも可能で、そうしたクリニックとして開業することも考えられます。特に美容整形や美容形成に対するニーズが高まっているので、幅広い集客も期待でき、経営が成立する可能性はあります。

また、将来的に3Dプリンターの普及やiPS細胞の進歩などによって、現在よりも自由度の高い形成術が誕生してくる可能性があります。それから、大きな社会問題になってきていますが、高齢者の増加に伴って褥瘡や足潰瘍が増えることも考えられることです。乳がんなどの手術で患者側も手術創部をできる限り分からないようにしたいという要望も多く、皮膚縫合に関しては形成外科が実施するようになる可能性もあり、将来重要度が増す診療科という声もあるのです。このように診療科目を複数にすることや将来的なことを考えると、形成外科の医師は開業しやすいと考えることができます。

ただ開業するにあたって重要なことは、患者を集客する力が医師にあるのかという点で、患者を惹きつける力が医師になくては安定した経営は望めません。現在勤務している病院でどのように患者と接してきたか、また患者からの評判・評価はどうなのかを自身で採点してみることも必要です。開業するということは医師であると共に経営者という立場になるので、安定した集客により安心して経営できるようにすることも大事なことです。形成外科の医師として開業を考えるのなら、さらに形成外科の知識や技術を磨くことも必要と考えられます。

医師の形成外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 形成外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.