形成外科の医師の将来性は?

形成外科医師TOP >> FAQ >> 形成外科の医師の将来性は?

形成外科の医師の将来性は?

大学で学ぶ学生や研修医として学んでいる方、それから現役の形成外科医として活躍している方、それぞれが各々の立場で形成外科の将来性について考えることもあるでしょう。特に現在形成外科の医師として勤務している方の中には、将来が全く見えなくて大きな不安を抱えてしまい、将来性を考えて悩む方もいるのです。形成外科は、乳がんで失われた乳房など欠損した組織の再建や先天的な体表の異常の治療、ヤケド・床ずれ・皮膚ガンの治療などが代表的な診療対象となります。このような治療は他の診療科の医師が行う治療と同じ部分でもあって、そのことから形成外科は特別なくても何とかなるのではといった声もあるのです。本来、他の診療科よりも専門的な治療ができる分野である形成外科ですが、明確な専門分野があるわけではなく、微妙な部分を網羅するニッチ診療科と捉えて将来性を不安に感じることもあるのです。

それとは逆に、形成外科以外の外科系科目は病巣部を切除することが目的だけれども、形成外科は欠損した部位を再建することが主な目的で、それが形成外科の特徴であり魅力でもあるといった考えもあります。また、その再建する部位は患者のQOLに直接関係してくるもので、その点から大きな影響を及ぼす治療を形成外科で行うといった責任もあるのです。そして何よりも、再建した患部は体の表面で目に付くところにあることが多く、結果の善し悪しが誰にでも判断できる面があり、医師としての力量が分かりやすい点が醍醐味でもあり大変なところでもあるのです。こうした形成外科の医師であることに魅力と責任を感じる医師も少なくないですし、オーダーメイド的な治療が要求される治療をする形成外科に対するニーズは今後も増加傾向にあると言った考え方もあります。この点から形成外科の医師の将来性は期待できると言った声があるのも確かです。

また形成外科の医師としての一定スキルを習得していることは、形成外科分野だけでなく、美容外科・美容皮膚・下肢静脈瘤クリニックなどでも活躍することができます。このように、転向や転科なども含めて視野を広げると様々なニーズがあり、形成外科の医師の将来性は高いと言えます。特に、今後は医療機関も形成外科専門医や美容外科専門医など、しっかりと研修を受け知識と経験のある人材を求める傾向にあるので将来性は高いと考えられます。また、形成外科医や美容外科医としてどのような将来を希望するのか、どのようなキャリア観を持っているのかなどによって、形成外医の将来性の捉え方に違いがでてくると言えます。

医師の形成外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 形成外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.