形成外科の医師のキャリアパスは?

形成外科医師TOP >> FAQ >> 形成外科の医師のキャリアパスは?

形成外科の医師のキャリアパスは?

大学で学ぶ6年間のどこかでキャリアパスを考えて診療科目を選択する学生もいます。ただ医師となって初期研修におけるローテート研修で、複数の診療科目を研修することができることから、大学時代に考えていた診療科目ではないものを選択することもあります。その際に、形成外科の医師を選択したのならば、自分が考える理想の医師像に向かって、どのようなキャリアパスが考えられるのでしょうか?

一般的な形成外科の医師のキャリアパスとしては、第一段階として形成外科専門医取得を目指すことになります。その為には、一つの施設だけで必要な経験や症例数を学び経験することは難しいので、多くの場合2〜3箇所といった複数の施設で学び経験を積むことになります。そして形成外科専門医の資格を取得した後は一人前の医師として活躍することになるのですが、その際の進路としては一般的に3つ考えられます。

1つ目は大学の様々な教室において研究に励んだり、いろいろな専門の研究機関などで基礎的な研究をしたりするもので、臨床と並行しながら行うケースがあります。2つ目は大学病院や様々な関連施設などに所属して、より細分化された分野を究めるもので、先天異常・外傷・再建・腫瘍・美容外科などのどれかを決め、臨床研究をしながら診療も担当するというものです。3つ目は一般の病院やクリニックなどの医療機関で地域医療に従事するものです。

ただ、もう少し細分化して考えると、上記以外にも形成外科の医師としてのキャリア観や求める方向性によって、様々な選択肢や可能性は考えられます。例えば、外科的な手術を中心とする形成外科なのか、それとも美容を主体とした形成外科なのか、美容が主体なら美容皮膚なのか手術がメインなのかなど、様々な考え方ができるのです。将来どのような医師としてやっていくのかで、キャリア形成の道も異なってきますし、どのような勉強や修行を積み、どのような治療を経験していけば良いのかが見極められます。

また、形成外科の医師のキャリアパスにおいて、自分が理想とする自己実現がどこにあるかを明確にしておくことも必要です。それは、収入増・スキルアップ・地位の向上のどれをメインにするのかということで、女性医師の場合にはさらに子育てや家庭といった要素も含まれてきます。いずれにしても形成外科の医師として勤務していく場合には、キャリアパスを十分に検討していくことは重要なことなので、迷いも生じるでしょうがしっかりと考えるようにしましょう。

医師の形成外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 形成外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.