形成外科と美容外科は同じなの?

形成外科医師TOP >> FAQ >> 形成外科と美容外科は同じなの?

形成外科と美容外科は同じなの?

人間に体に発生した外見的かつ表面的な皮膚及び組織の病変について、かつてはその病変部位に特化した専門医(皮膚科、耳鼻科)などが治療を行っていたのですが最近は形成外科の医師が行うことが一般的です。そして、クリニックを中心に形成外科を標ぼうして外観改善治療を行っているところも増えてきました。

しかしよく考えてみると、見た目の美しさを整えるクリニックと言えば美容外科などがあるものですが上述の形成外科とは同じように見えてしますよね。実際のところ扱いの違いはどのようになっているのでしょうか?

実は形成外科と美容外科は大きく関わりを持っています。厳密に言いますと、美容外科はもともと形成外科に含まれる診療分野となるでしょう。さらに具体的に説明すると、形成外科分野における治療技術を最大限に活用して、美容つまり見た目の美しさを考慮して施術をしていくのが美容外科ということになります。

よって、形成外科における医療行為は『治療』になり、美容外科における医療行為は『施術』となって行くのです。この区別は日本の保険診療上極めて重要で、なぜならこれが患者の費用負担に大きく影響して行くことになっていくからです。

形成外科における治療はそのほとんどが保険診療となり、一般的に全額の3割負担で治療が受けられることになります。これはなぜかと申しますと、形成外科における治療範囲は先天性若しくは疾病・事故などによる皮膚や組織の病変に対するものになるからです。これは、風邪や怪我をして内科や外科で診察をしてもらう行為と同じになります。

その一方で美容外科になりますと、一般的に皮膚も組織も外見的に健康な人間が更に美しくなるための施術を行っていくことになります。 本来身体に病変を持たないのですから保険診療の適用を受けることができず、基本的に全額患者負担の自由診療と言うことになって行くのです。例えば、顔のシミを取りたいとか、シワを目立たなくしたいとか、目を丸くしたい等のアンチエイジングを伴った外科施術などが代表的なものになるでしょう。

これにより、形成外科と美容外科は本来一緒のところにいるのですけど、外科治療の目的が全く異なるために現在では異なる診療分野として区別されていることが多くなっています。それでも、まだまだ周知的には不十分であると言えますし、今後一層の認識徹底が求められることになるのです。

そんな形成外科の医師としてキャリアアップをしていくのであれば、ぜひ転職エージェント等のサービスへ無料登録をしていくことにしましょう。

医師の形成外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 形成外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.